ワノート Wanote



もしもおまへがそれらの音の特性や 立派な無数の順列を
はっきり知って自由にいつでも使へるならば
おまへは辛くてそしてかがやく天の仕事もするだらう

宮沢賢治 『告別』から


Wanote   Wagakki collective improvisation program
ワノート 和楽器即興プログラム



和楽器には多くの流派がありますが、一般的に流派が違えば一緒に演奏することがないのは残念なことです。また、昔の名人たち、特に江戸時代の名人たちは縦横無尽に即興をできたものですが、今日では伝統的な邦楽において即興の機会は稀なものとなりつつあります。

ワノートは、さくらなどよく知られた日本のメロディーをもとに即興演奏することで、世界中の和楽器演奏家が一緒に演奏できる文化をつくることを目指しています。即興演奏を通して、流派の壁をこえ、世界中の和楽器演奏家とつながるプログラムです。